【LGBTs絵本の読み聞かせ動画】2,000再生を突破しました。#YouTube

 

 

2019年、10月にLGBTs絵本の読み聞かせ動画を、YouTubeに公開し、6ヶ月が経ちました。
そして、2020年5月、読み聞かせ動画が2,000回以上、再生されました!義理チョコ

★ 2020.05.16 (Sat) 時点で、2,258 回再生されています。

 

f:id:harukiN:20200516232402j:plain

ネット上における、絵本の無料公開‼爆  笑

www.youtube.com


僕は、本ブログ(note)でも絵本の内容をオープンにしています。

これにより、ネット環境さえあれば、「いつでも、どこでも、だれでも」絵本を見ることが可能です。

また、前述しているとおり、YouTubeにおいても 絵本の内容をオープンにしています。

これは、「絵本というのは、読み聞かせという行為で完成する」という僕の考えによるもの。

双方向のメディアだと思います。(主に、絵本は親子のコミュニケーションツールだったりする。(*^-^) )

 

なお、上記にある通り、読み聞かせ動画には、こういった良さがありますね!

 

おわりにガーベラ

日々、少しずつですが、LGBTs絵本から、多様な性のありかたを知る人が増えて嬉しいですね。

引き続き、地道にコツコツ、取り組みを継続していきます。🌈 今後ともよろしくお願いします。

 

(余談)ウイルスで自粛が続く中、絵本の読み聞かせ動画がよく見られているようです。

この機会にご覧いただければいいな~~。👇

 

◎LGBTs絵本「みんなすっごくいいね!」🌈
 -特徴①LGBTsの皆さん、教授、仲間ら100名と制作した点。
 -特徴②LGBTの4つだけではない性のありかたを紹介している点。
 -特徴③海外発のLGBTs絵本が多い中、希少な日本製である点。 


【LGBTs絵本】 みんな すっごく いいね! いろいろな個“性"|ながえ はるき / はれまちゆきの【読み聞かせ】

関西学院大学の広報誌『関学ジャーナル』にて、LGBTs絵本のインタビュー記事が掲載されました!!

f:id:harukiN:20200201162801j:plain

 

 

上記のツイートにあるように、この度「LGBTs絵本の取り組み」が大学の広報誌に掲載されました。(やった~!とっても嬉しい。)

文章の制約がある中、「簡潔に」そして「的確に」まとめてくださった、関学広報室の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。関学広報室のみなさま、いつも支えてくださって、ありがとうございます。

また、大学内でこのように取り上げていただけたことで、少しずつかもしれませんが、LGBTs絵本の取り組みが認知され、応援や共感の輪が広がっていくだろうな、と感じています。

引き続き、LGBTs絵本の取り組みに力を注いでいきます。

 

f:id:harukiN:20200201162907j:plain

感謝~絵本制作を支えてくれた皆さまへ

絵本を作ろう。と決意した1年秋。

ゼミの取り組みでもないー

サークルの取り組みでもないー

ただの1人の大学生の取り組みだった「LGBTs絵本」ー

この取り組みが大学に評価され、こうして応援されるようにまで発展しているのは、一番はじめの大変な時期を支えてくださった皆さまのおかげが一番大きいです。

先の見えない中、僕の絵本の取り組みを面白がってくれたり、僕を信じて手伝ってくれた皆さん、ほんとうにありがとうございます。

みなさんが関わってくれた、

このLGBTs絵本の取り組みは益々、発展させていきます。

僕は本気です。

僕は本気です。

(大事なことなので、2回書きました。笑)

 

「一度、決めたことは絶対、やりぬきます。」

 

絵本をさらに、さらに、広く知ってもらえるようにー

そして、LGBTsについて身近に感じてもらえ、考えるきっかけにー

僕ができることを着実に、少しずつ....前へ、前へ!!!!

 


【LGBTs絵本】 みんな すっごく いいね! いろいろな個“性"|ながえ はるき / はれまちゆきの【読み聞かせ】

 

「JobRainbow学生ライター発掘プロジェクト!」に応募し、掲載されました。

f:id:harukiN:20200127002328j:plain


以前、こんなツイートがTwitterのタイムラインに流れてきました。

 

 

 

つまり、LGBTQ+のライフとキャリアを支える「JobRainbow MAGAZINE」が主催で、学生が普段考えている、感じていることを文字におこし、本サイトを通して、多くの人に伝えれるというもの。

 

応募までの流れ


この企画に興味を持ったのですが、、「何を書くかも迷うし、そもそも、うまく書けるかな..」と不安だった私は、応募ページをみたところ、募集テーマに

 

A)情報系コラム
・私の大学のLGBTへの取り組み〜〇〇大学編〜


があることを知り、僕の通っている大学は、LGBTへの取り組みが活発で去年、参加したので「よし、これなら書けそうだな!」と思い、応募しました。結果、ありがたいことに選んでいただき、掲載されました!!

 

▼   ▼   ▼

【学生ライター発掘プロジェクト⑥】

私の大学のLGBTへの取り組み〜関西学院大学編【永江春輝】

jobrainbow.jp

 

今年の関学レインボーウィークについて

第8回 関学レインボーウィークの実施予定日は、2020年5月11日(月)~15日(金)です。関西学院大学の西宮上ケ原、西宮聖和、神戸三田の3キャンパスで実施されるので、ご興味ある方はぜひ、足を運んでください!


今年から、僕は実行委員として会議に出席しています。そして、聖和キャンパスにおいて、レインボーウィークのコンテンツが例年少ない課題を踏まえ、今年は初の映画上映会を提案し、聖和で開催する運びになっています。(企画、当日の司会は僕です!!)

 

関学レインボーウィーク(聖和キャンパス)で、

カランコエの花」を上映します!!


映画『カランコエの花』予告編

 

以前、カランコエの花を見る機会がありました。▼ ▼ ▼

note.com

 

「とってもいい映画で、この映画を広げたいな!」と思いました。特に、聖和キャンパス(教育学部)で行う意味がある映画です。なぜなら、映画上での「養護教員によるLGBT教育」が不適切だったために、LGBTsの当事者が追い詰められていくからだ。

 

もちろん映画として、LGBTについて知るきっかけ(導入)になりえますし、「LGBTについて教える際、どんなことに気を付けたらいいのか?」といった風に考えをめぐらせることにきっかけになりえると思います。

 

*映画は39分で短いんだけど、内容濃いよ!*

ぜひ、来てくださいね~!

【絵本の読み聞かせ動画】1,500再生を突破しました。#YouTube

f:id:harukiN:20200126144755j:plain

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

 

ネット上における、絵本の無料公開について

僕は、本ブログでも絵本の内容をオープンにしています。

ネット環境さえあれば、

「いつでも、どこでも、だれでも」絵本を見ることが可能です。

また、本ブログだけでなく、YouTubeにおいても 絵本の内容をオープンにしています。これは、「絵本というのは、読み聞かせを経て、はじめて真の意味で完成する」という僕の考えによるもの。

ブログ&YouTubeで、多くの人にLGBTs絵本を知ってほしいんですね。

今回、1,500回再生されて嬉しいです。そして、引き続き、頑張ろうと思います。地道にコツコツ、取り組みを継続していきます。

【余談】読み聞かせ動画のよさ

 

 

つまり、読み聞かせ動画だと、いろいろな方(視覚障害者、子ども、大人)が見て、聞くことができるんですね。いいですよね。

最後に宣伝! 

さらに多くの人に愛されていくであろう絵本をぜひ、聞いてみてね!!


【LGBTs絵本】 みんな すっごく いいね! いろいろな個“性"|ながえ はるき / はれまちゆきの【読み聞かせ】

【うれしいお知らせ🌈】 LGBTs絵本『みんなすっごくいいね!』を女子高生がブログで紹介してくれました! ☘

 

 

ぜひ、見てください!!! ▼

aoi-lgbtq.hatenablog.com

 

 

参考: 以下、忙しい人向けに「あおいさん」のブログから一部抜粋します。

━━━━━━━━━━

■ LGBTs当事者の私から見たこの絵本の感想

 

f:id:harukiN:20200114235624p:plain

私はパンロマンティックとトランスヴェスタイトというセクシャルマイノリティです。

(パンロマンティックとトランスヴェスタイトについては、過去の私の記事で詳しく解説したので、そちらを参考にしていただけるとありがたいです。)

 

LGBTの四種類はなんとなく知っている」という方は多いと思いますが、やっぱりまだ「s」部分はそこまで知られていないというか…

でも、「みんな すっごく いいね!」ではパンもちゃんと紹介されてて、個人的にはそこもすごく感動しました。

私は「性の多様なありかた」にLGBTだけではなく「s」の部分も注目しているのがこの作品のいいところの一つだと思います。

そして、アライがいること!!

これ、本当に大事ですよね!!ヘテロでもセクマイでも、理解者がいることは本当に大事なことで、そんな存在がこの絵本の世界にもちゃんといるということに感動しました。

この作品の特徴は、使われている言葉の一つ一つにぬくもりがあり、さらにかわいらしい絵がその優しい絵本の世界の扉を大きく開けるように、読者の心にじんわりと広がっていくところだと思います。

こういう優しい作品がもっともっとたくさんの人に届いて、LGBTsに対して正しい知識を持った人が増えてくれること祈っています。

ちなみに、この作品の書籍化のために今クラウドファンディングを準備しているそうですが、まずは個人的に「今年二歳になるいとこにYouTubeの読み聞かせ動画をみせようかな~」と思っています。

せっかく”LGBTs絵本”という素敵なツールがあるんだから、積極的に広めていかなきゃですもんね!!笑


【LGBTs絵本】 みんな すっごく いいね! いろいろな個“性"|ながえ はるき / はれまちゆきの【読み聞かせ】